誰でも簡単に製作可能なTシャツの印刷依頼は専門業者へ

オリジナルTシャツを印刷する際の注意ポイント

男性

クラスTシャツとしてオリジナルTシャツを専門業者に依頼することは多々あります。文化祭や体育祭、卒業製作など思い出の品として製作する際、著作権には注意する必要があります。学校行事内での使用については、キャラクターをオマージュしたもの、ロゴや文章などのデザインは法律上使用可能です。しかし、一度学校を離れてしまうとクラスTシャツとして印刷されたオリジナルTシャツを着用することで著作権に違反するケースもあります。
オリジナルTシャツの印刷を専門業者に依頼した場合、著作権違反が疑われる場合は印刷を断られる可能性もあります。しかし、中には専門業者側で判断することが難しいデザインもあり、印刷依頼には対応するものの、その後のトラブルについては自己責任という対応が取られています。
そのため、オリジナルTシャツの印刷を依頼する際には、デザインに注意する必要があり、類似性が疑われるものについては学校外での着用を厳重に注意し、最悪の場合はイベント終了後に破棄するなどの対処が必要になってしまいます。 そこでおすすめなのが、デザイン原画は完全オリジナル、専門業者のデザイナーの力を借り、著作権に違反しないデザインにすることをおすすめします。

おすすめコンテンツ

  • オリジナルTシャツを印刷する際の注意ポイント

    クラスTシャツとしてオリジナルTシャツを専門業者に依頼することは多々あります。文化祭や体育祭、卒業製作など思い出の品として製作する際、…

  • 印刷でオリジナルTシャツを作るには

    趣味のサークルや部活などの団体でお揃いのTシャツを作りたいとか、企業のユニフォームとして動きやすい物がいいと考えるならオリジナルTシャ…

  • ベビーサイズのオリジナルTシャツも印刷できる

    オリジナルTシャツというと、クラスTシャツやスタッフユニフォーム、販促イベントのノベルティをイメージします。最近では、オリジナルTシャ…

  • オリジナルTシャツ業者選びなら印刷工場の有無をチェック

    クオリティの高いオリジナルTシャツを作るなら業者に依頼するのがおすすめです。最近は学校の行事や部活やサークルのユニフォームとしてもよく…

最新記事リスト